気になる

アフェリエイト旅行

自動車

家庭菜園

« グラスで育ててた挿し芽ポトス、終了 | トップページ | 羽毛布団購入で、基礎体温が上昇。w »

2006/12/02

不妊治療で重要な女性の卵子の数

今回、卵巣嚢腫(のうしゅ)の為手術を受ける際に医師から
説明のあった(高齢の為)「卵子の数」についてググッてみました。

卵子の数は生まれ落ちた時から決まっている説

1921年にはこの論説に至り、1951年には裏付け完了とのこと。
かかりつけの不妊外来医師が言っていたのも、コノ説に基づいた
もののようです。

卵子の数は生殖幹細胞を持つので随時作られている説

新たに「生殖幹細胞」が女性にもあり、卵子は随時体の中で
造られている可能性がある。というもの。。。

低量ピルを服用すると、その間は無排卵である。ことについて

最近、低量ピルについて記事を目にすることが多くなりフト
疑問が・・。ピルを服用することによって無排卵となる。ってトコ。

不妊症についての記事では無いので、掲載されていた内容は
一昔前の女性は2~3人子供を産んだ(十月十日×2又は3)
その間は無排卵となり、人生の中で排卵回数が今の女の子と
比べるとすごく少なかった。なので卵巣癌とか子宮癌になる人が
少なかったんですよー。みたいな事で、ピルを服用することに
よっとそーんなリスクが減らせるかも。治療としてもありですよ。と。

そこで「?」と思ったのが・・じゃぁ、人生 卵の数が決まっている
と言われているが、若いときからピルを服用している人は無排卵
だから、高齢になっても元気な卵が排卵されるのかしら?と。w

他の人があまり発想しないのか、ググッてもなかなか知りたい内容を
見つけることが大変でしたが、卵巣の7不思議の記事内に書かれて
いたことを読むと・・。なーんだっ、ピルで無排卵状態にしておいても
卵は残っているわけではなく、淘汰されているようで、元気な卵子が
残っているわけでなく、又 閉経時期が長くなる何て事も無いようで。
( ̄▽ ̄*)ゞ そーなのかぁ。と。w

« グラスで育ててた挿し芽ポトス、終了 | トップページ | 羽毛布団購入で、基礎体温が上昇。w »

終了 不妊治療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不妊治療で重要な女性の卵子の数:

« グラスで育ててた挿し芽ポトス、終了 | トップページ | 羽毛布団購入で、基礎体温が上昇。w »

google検索

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

カテゴリー

ニュース

  • 日経平均(長期)

    株価ミニチャートのブログパーツ
  • 経済指標(発表と内容)へのリンク
    http://jp.investing.com/economic-calendar/
  • 経済指標
  • . . .
  • 日経平均チャート
    by 株価チャート「ストチャ」
  • 株指標
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30