気になる

アフェリエイト旅行

自動車

家庭菜園

« 読書 心理学の関連書籍を読みふける 秋の夜長スタート | トップページ | ユーロ101.9円。 円76.4円。豪73.2円。日経平均8374円 »

2011/09/21

マンションのサッシ部分から雨水の吹き込み

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019/10/09 台風19号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ラグビー世界大会で沸いている日本ですが・・
巨大な台風接近で、TV報道番組で対策方法を紹介してくれています。

18号台風も強風すごくて多くの家で窓ガラスが割れ、
戸建ての屋根が飛ぶ事例が発生したため、19号台風も気をつけて下さい!とのこと。

■雨水吹き込み対策に関して言えば・・
室外に出られる場合の対策と、出られない場合の室内対策ですね。

用意する物:養生テープ+ペットシーツ(or ゴミ袋)

  • 室外:養生テープで、窓の両サイド・ヒンジ部分・下を覆うように貼る。
    (雨風が室内に入り込まない形状にグルッと貼ればOK)
  • 室内:ペットシーツを窓下部分に充てた状態で養生テープで上から留める。
    (水分を吸収してくれる:タオルより多く吸収可能らしい)
  • ↑滞在時間の長い台風の場合は、追いつかないときもあるので
    ゴミ袋45Lとかを両サイド切って横長形状にしたものを
    養生テープでサッシに合わせて貼り付けるといいらしい。参考下ブログ

↓実際に貼られている方々のブログ

 

↑網戸をサッシと互い違いで養生テープで固定しておくことでも雨水侵入が防げるらしい。

■窓ガラス割れ対策は・・

今時は、風圧で窓ガラスが割れることは無い。≡≡≡≡≡ヾ(>▽<ヽ)エッ!?
割れるのは「モノ」がガラスに衝突することで発生する。

→自宅のベランダや敷地内の「モノ」を室内等にしまう。

用意する物:養生テープ+段ボール

  • 室内:養生テープを米印に窓に貼る
    段ボールがあれば、段ボールを窓に充てた状態で養生テープで上から留める。
  • 室内:カーテンを閉める

■窓ガラスが割れたら・・

用意する物:スニーカー(靴底厚め)+手袋(作業用専用分厚いもの)+ブルーシート

  • 室内:まず、スニーカーを履いて(ガラスで足裏切らないように)、
    手袋(○作業用専用のもの。×軍手・ビニール)はめて(ガラスで手を切らないように)
    割れたガラスを除去。
  • 室内:濡らしたくない電化製品等を一カ所にまとめて
    ブルーシートを被せて雨水で濡れないようにする。らしい。

 

マンションでは・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

経験則と知識をかき集めて、実践のレポート

───────────────────────────

窓に近い電化製品は、遠くにまず移動させておきましょう。
なぜならば、対策を取っていても、窓が割れれば雨水が乱入してくるから。

<網戸>

まず、網戸を固定。
窓と互い違いに網戸位置にすることで雨水防止になるとのこと。

ベランダ側は、外から

  1. 網戸とコンクリ壁にかけて、タオルで乾拭き
  2. 養生テープを5cm×13cm形状に15本くらい横向きに貼り付け

室内側からは

  1. 網戸とサッシにかけて、タオルで乾拭き
  2. 養生テープを縦に1本長く貼り付け

↑これで、手動で開けようとしてもけっこうガッチリ止まっています。

※寝室側の網戸は下部にレールがついているのですが、
そのレール設置用器具部分にヒモを引っかけて、窓レールの排水穴とを結ぶ
ことでガッチリ固定が出来ました。

<窓側>

窓枠と窓枠の中間部分から外部から雨水が吹き込みする防止として

  1. 隙間部分を埋めるように、養生テープを縦に1本長く貼り付け
  2. 下部の雨水噴射流入する部分を手厚く養生テープで塞ぐ
  3. 犬用オシッコシート(ワイドサイズ)を、新聞紙を丸める要領で
    2本作って
  4. 窓のレール部分にオシッコシートを1本ずつ詰め込み

<24時間換気口>

  1. こちらも雨水が流入しないように、養生テープでとめる

<ポイント>

窓が密閉された状態になるので、強風が吹き始めた頃から
換気扇をストップ+24時間換気機能もストップさせる。

↑この換気機能で外の雨水を室内に引き込ませないようにする。

<難点>

室内が密封された状態になるので、料理をすることが困難。
なぜなら、換気扇回せないので料理の匂いが室内に籠もる。ヾ(≧◇≦)

災害時は、家で料理をしないことが良いのかも!

対策方法として:事前に料理仕込みをしておいて、温めるだけにしておくとか。
または、缶詰を食べる予定にしておくとか。(匂いが室内に籠もらない対策として)

<対策結果>

東京は今回、雨風がひどくなかったかもですが・・
サッシからの雨水は、オシッコシートがみごとに吸収してくれていました。ホッ

網戸もしっかり固定されていて風雨で動くこと無く、ヨカッタです。

<次回の自分へのメモ>

用意する物:養生テープ・オシッコシート・ひも(針金もいいかも)・缶詰

各々利用方法は上記を参照。

<感想>

濡れて欲しくない電化製品は廊下に移動させたので安心感。窓も対策、網戸も対策、サッシ部分も対策済みで一応の安心感。

水もペットボトル人数分用意+お風呂に水溜め+ポリタンク水溜+衣装ケース1個にも水溜で、一応の安心感。

ガスコンロ+ボンベ+食料(缶詰+乾麺)+アルミホイル+サランラップ+割り箸+紙皿・コップで一応の安心感。

懐中電灯+ラジオ+スマホ(充電済み)+各電池ストックで一応の安心感。

洗濯も済ませ+使用済み食器も全て洗い上げで水を使わないように下準備済みで一応の安心感。

でも、いつもと違ったのは、未曾有台風規模との情報がずーっと延々と流れるのを聞いていて今年のわが家も被害に遭うのかも!窓が割れたり、家屋浸水する可能性があるのかも!と心が折れて不安に包まれてしまい、食事がほとんど喉を通りませんでした。(ノ_・。)

 

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2019/09/09 台風15号

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

夜中寝ていても、網戸が左右にガンガン動いていて
ぶつかり音がすごくて、睡眠不足に。(*´-`*)

ベランダ側は外すことが出来ても、足場が無い部屋側の
網戸は素人には取り外しは難しく。。。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2012/04/03 爆弾低気圧 (東京新聞・産経新聞)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

東京は、朝から強風でしたが、3時頃から雨が降り始め、
夕方からは台風到来?って感じになってます。

ご多分に漏れず・・サッシから雨水が浸水。
しょうがないので、家のサッシがついている窓、全部にタオルをつめました。

窓ガラスが割れるかも!対策は
震災があったときにビビッて、飛散防止フィルムを旦那様に貼ってもらいました

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

2011/09/21 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

東京にはスゴク珍しく、大型台風が直撃しました。

 

上陸からはほんの3時間ほどの雨でしたが、
サッシ部分から雨水の吹き込みでフローリングに水が入ってきました。

サッシの吹き込み口には、バスタオルを広げて覆ってで応急手当。
濡れがひどくなれば交換すること3回。絞って戻すの繰り返し作業。

吹き込んできた水が電化製品を直撃には、
家電を水ぬ濡れない位置まで移動させる。

床の水たまりがこれ以上出来ないように、
簡易的にゴミ袋を広げて置いて、その上にバスタオルを広げて置いての処理しました。


 

 

 

翌日・・都内在住のお友達(高層マンションに住んでいる)にも
今回の台風での被害を聞いてみました。ヾ(=^▽^=)ノ

 

知り合いの誰も、被害無し。w
わが家だけ?

 

雨水が室内に吹き込んでくる=フローリング水浸し=くさる!

 

■それでも、真夜中とかでなくてヨカッタと思うこと。


防御策として、タオルで水を拭きまくり!吸水制限超えたらタオル交換作業!
上記作業の繰り返し。これが夜中だったら・・寝てる間なく行動が必要に。

 

短時間ごとに点検に行ってタオル交換になるだろうし。。。

 

 

==============================

 

今までの人生経験の中で・・マンション賃貸生活も長くやってきましたが。。。
台風で雨漏りするなんてコノ物件が初めてです!ヾ( ̄□ ̄)

 

 

 

ちょっと調べたら、既に製品としてよくある防御方法としては・・

 

    • サッシの外に雨戸を取り付ける

 

  • サッシを沖縄県仕様サッシに交換する

 

沖縄県って台風がすぐそばで発生して直撃が多いから、対策済みのサッシなんですって!それを全国に取り付ければいいじゃないかぁぁぁ。(/||| ̄▽)/!!!

今後も頻繁に起こりうることが予想されるのなら、
戸建ては特に窓の外にサッシ設置の検討する必要があるのかもですね。

悲しい事に、わが家はマンションなのでムリなようです。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

サッシ屋さんに電話

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

マンション引き渡し時にもらっていた保証書の束を取りだしてきて、
サッシ屋さんの書類を出して電話。。。 

数年しか経過してないけど、会社名が変更になってました。(((((((((((^^;) 
&電話番号も別のものに。

 

前回&今回のサッシからの雨水の浸入について私が説明するも・・
こればかりは見てみないと状態が確認出来ないですよね。

 

サポセン曰く、マンションの場合は「サッシ屋+ゼネコン」で、
「周辺建物等々の状況+階数」からサッシの等級を算出し、取り付け。
となるが、今回の台風で雨水が浸入した状態から考えられるのは、下記。

現在使用されているサッシの等級が台風の規模に合っていない。
サッシ性能を超えている。から、そうなってしまったであろう。

 

後日、サッシ業者さんが来てくれることになりました。

 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

サッシ屋さんが点検にくる

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

今回、雨水侵入のサッシを見てもらう。

 

部品&取り付け、等々に異常箇所は見られない=適合である。
サッシの等級はw-5であると思われる=自社製品にはこれ以上の物は無し。

 

この製品を利用時の対応策としては、
部品と部品の間を隙間を狭くするように絞めあげる
そうすることによって隙間が小さくなるので台風時の風圧による
雨水侵入が減少出来るのではなかろうか。
ってことで・・家中の全窓の絞めつけ作業をしてもらう。

 

そして、今後対応策としては、
これ以上の絞めつけはムリなので、もし又・・サッシからの雨水侵入が起こりそう
な場合(台風到来情報をニュースでとらえたら)下記を実行となる。

 

  • サッシのさんの両端にティッシュをつめておけば
    風圧によっての雨水「吹き上げ」は防げるであろう。
    又、下枠への雨水が溜まる進入路もその場所からなので、
    侵入時間を稼げるであろう。とのこと。

 

<雨水吹き込み>
下枠に雨水が溜まることについて。重力で下に流れようとする雨水の力より、
中に侵入しようとする風圧が勝れば、下枠の雨水は満タンとなり、部屋の中へと
雨水が浸入してしまう。らしい。。。ヾ(≧◇≦)

 

<ひさしの有効性とは>
上から流れ落ちる雨に関してはひさしは有効で、サッシからの雨水侵入は防げるが、台風時の横殴りの風雨に対しては効果は期待出来ない。成る程。。。

 

現に、今回の台風で被害を受けたサッシは「ベランダ側」=ひさしみたいに短いものでなく上階のベランダ面積分の屋根みたいなもの(2mあるのかな?)なので、ドンピシャに横から入る風が窓&サッシに直撃して、侵入であった。。。

 

後、角部屋の場合、
中央の部屋からの風も、角部屋に向かって流れる=溜まる。ので、
中央の部屋のサッシよりも、角部屋用は より強固なサッシを設置するらしい。

 

 

 

 

 

 

« 読書 心理学の関連書籍を読みふける 秋の夜長スタート | トップページ | ユーロ101.9円。 円76.4円。豪73.2円。日経平均8374円 »

分譲マンション(+理事、管理組合)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンションのサッシ部分から雨水の吹き込み:

« 読書 心理学の関連書籍を読みふける 秋の夜長スタート | トップページ | ユーロ101.9円。 円76.4円。豪73.2円。日経平均8374円 »

google検索

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

カテゴリー

ニュース

  • 日経平均(長期)

    株価ミニチャートのブログパーツ
  • 経済指標(発表と内容)へのリンク
    http://jp.investing.com/economic-calendar/
  • 経済指標
  • . . .
  • 日経平均チャート
    by 株価チャート「ストチャ」
  • 株指標
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30