気になる

アフェリエイト旅行

自動車

家庭菜園

« 緑内障、両目とも普通に戻りつつあります ホッ | トップページ | 更年期障害→目の焦点が変→肩こり? ロキソニンシップ使う »

2013/03/09

WordPressに初挑戦 w

先日、Xcodeの情報を集めている最中に・・
「Dreamweaver CS6とWordPressの連携させ方」を発見し、環境を作りました。

こちらも有益な情報満載だったのでとっても参考にさせて頂きました。

折角なので、WordPressには下記ブログで紹介されていて、前々から興味があったのでチャレンジすることに。w

そのブロガーさんがWordPressの本を書かれていたので、じゃぁ書籍を購入して学ばせて頂く決意に至る♪感謝しております。ヾ(=^▽^=)ノ

で、ヨドバシカメラに行って書籍コーナーで散々迷って・・買ってきた本はこちら↓「本格ビジネスサイトを作りながら学ぶWordPressの教科書」。www

どうせ作るなら・・本格ビジネスサイトが出来上がると、自分にとってかなりメリット♪だと思ったので・・こちらの書籍になってしまいました。スミマセン。( ̄▽ ̄*)ゞ

ではでは・・この本に沿って、つまづいた所をメモしながら進みたいと思います。

あ、環境はローカルPCです。

その前にチョット、テーマファイルの構成を頭に入れておきます。(超重要w)↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p38 wordpressテーマを作ろう

───────────────────────────

http://www.prime-strategy.co.jp/download/ にアクセスしてサンプルファイルをDL。

練習用の「pacificフォルダ」を置く場所は・・?(≧∇≦)

・・・xamppはCドライブにインストしたのは覚えてましたが、wordpressはどうしたんだっけ?と悩む。www インストされたんじゃなくて、ZIPファイルを解凍して出来た「wordpress」フォルダを、自分で手動でXAMPPの中→ C\xampp¥htdocs¥配下に置いたんですね。スッカリ忘れてました。(/。\)(/。ヽ)恥ずかしい (その後、http://127.0.0.1/wordpress/にアクセスして・・web画面上でインストールをする)

ちなみに、wordpressアクセス画面上で入力は・・データベースの情報を入力・設定する画面が表示されて→「データベース名:MySQLで設定したデータベース名」→「ユーザ名:MySQLで設定したのユーザ名。(root)」→「パスワード:MySQLで設定したのパスワード」→「データベースのホスト名とテーブル接頭辞:(wp_にした)」→「作成する」ボタンクリック。で・・インストール画面が出て「インストール実行」という流れ。

C\xampp¥htdocs¥wordpress¥wp-content¥themes¥「pacificフォルダ」をコピー。

●XAMPPを起動させて、Apache + MySqlをスタートさせて~

管理画面を表示

前回作った画面はhttp://localhost/wordpress/で表示されるのを確認出来る。 (C\xampp¥htdocs¥/wordpress\index.php)

ちなみに前々回、DWでjquerymbileでテストで作ったスマホサイトはhttp://localhost/hiyoko/とかすると表示される。w (C\xampp¥htdocs¥hiyoko\index.html)

さて、WordPressで作ったサイトを表示させた中で、右下あたりにログインと書かれている所文字をクリックすると、飛ばされるURLブラウザにhttp://localhost/wordpress/wp-login.phpでログイン画面が表示された。出ました♪

・・・あれ?サクサク環境整えているつもりだけだったんで、ログインのIDとパスワードをすっかりキレイに忘れたみたい。(≧∇≦)

・・ログイン画面にアクセス出来ない方が多いようで。。。( ̄▽ ̄*)ゞ

じゃなくて、ログインのIDとパスワードを知りたい場合はどうすればよいのでしょうか?w

C\xampp¥cecurity¥xampp.users に、ユーザ名とパスワードが書かれている。が、パスワードは暗号化されているのか読めない。www  これは「ローカルサーバにアクセスする権利」の所か???

初心に戻ってXAMPP画面でApacheの横ボタンにある「Admin」をクリックしてみる。。。エラーが出ている。なぜー?・°・(ノД`)・°・ 

p301を読むと、WordPressを「htdocs」直下にインストールした場合、 XAMPPが用意してあったindex.phpを上書きしてしまう為・・ http://localhost/ にアクセスするとWordPressのトップページが表示されるようになりますよ。(XAMPPの管理画面へのアクセスは http://localhost/xampp/からになります。)らしい。

------------------

<WordPressのトップページが表示>予定が、エラー画面Y(>_<、)Y

Warning: require_once(C:\xampp\htdocs/wp-load.php): failed to open stream: No such file or directory in C:\xampp\htdocs\wp-blog-header.php on line 12

Fatal error: require_once(): Failed opening required 'C:\xampp\htdocs/wp-load.php' (include_path='.;C:\xampp\php\PEAR') in C:\xampp\htdocs\wp-blog-header.php on line 12

------------------

12行目を見ると・・
    require_once( dirname(__FILE__) . '/wp-load.php' );

これについての説明が・・

・・・分からない~。ヾ(≧◇≦)  分かる人には理解出来るんでしょうが。
アクセスした際にこのファイルが読み込まれて、記述されている内容=>dirnameでディレクトリ名を返し、(_FILE_)でwp-load.phpのフルパスを返します。。。

読み込みたいパスが通ってませんよ。的な???
もっと詳細に説明されているブログがありました。ワールドプレスが読み込み時に最初行うことが書かれているファイルで、どのファイルを読み込みながら進んでいくか・・

・・・IDとパスワードを思い出しました。ヾ(=^▽^=)ノ
ユーザ名 admin と、インストール中に設定したパスワードで無事ログイン♪やっとこ管理画面を表示まで辿り着けました。。。5時間くらいかかってしまいました。失敗。m(_ _)m いくらテストでやっていることでも、IDとPASSはきちんとメモを取っておきましょう。www

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●テンプレートタグ一覧】 - WordPress Codex 日本語版

p42 パスを修正する

───────────────────────────

参考本:
<?php bloginfo('stylesheet_url'); ?>

参考ブロガーさん:
<?php
echo get_stylesheet_uri(); ?>

???参考ブロガーさんのサイトでは、
最近は「
<?php echo get_stylesheet_uri(); ?>」と書くとのご説明。

同様にp44でも

参考本:
<?php bloginfo('template_url'); ?>

参考ブロガーさん:

<?php echo get_template_directory_uri(); ?>


???参考ブロガーさんのサイトでは、
最近は「
<?php echo get_template_directory_uri(); ?>」と書くとのご説明。

φ(.. )後で考えよう。w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p48 テンプレートを分割しよう

───────────────────────────

いざ!phpファイルの編集です。ヾ(=^▽^=)ノ
エディタは、DWで作業を進めていきたいと思います。

<phpの初心者向け説明ブログ>

・・コードの文字が老眼きているアラフォーには小さいので、編集→環境設定→フォント→コードビュー→12ptに設定。w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p83 トップページ用テンプレートを変更する

───────────────────────────

会社概要にアクセスすると・・今まで通りに表示される。(((((((((((^^;) 
本当は、画面には「index」とだけ記述されたページ画面表示になるらしいが?

φ(.. )
echo
はブラウザに文字を出力するための命令。print関数みたいなものね。

<?php
echo "index<br />\n";
echo "テンプレートが存在しません";
?>

<前回の正誤ページ>

p80の下に書かれている、テーマ変更をするのを見落としてました。( ̄▽ ̄*)ゞ
テーマ変更をして、表示させたらちゃんと教科書通りになりました。w

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

NAVIのメニュー(+中の記事)を作る

     固定ページ→新規追加 = メニュータイトル + 中の記事

アクセスされた時に表示させるページを指定

     設定→表示設定 = 固定ページにチェックを入れて、フロントページ▼で選択

フロントページに固定ページを表示 - WordPressの使い方

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p92 カスタムメニュー機能で、グローバルナビと
ユーティリティメニューを表示

───────────────────────────

・・・表示はちゃんと出来たけど、頭の中が混乱。w

↑上記ブログを拝見して~、なんとなく頭の中が整理されました。( ̄▽ ̄*)ゞ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p104 記事の左側が空いています

───────────────────────────

・・空いていません。(*´-`*)

content-archive.phpの中の一行目、<article <?php post_class(); ?>>と記述するところを・・<article半角スペース<? 半角スペースを入れるのを忘れててソースで見ると、

<articleclass=" なんて記述になっていたことが原因でした。本当は
<article class="と半角スペースが間に入っていないと意味をなさない。(^_^;)

うーん。

・・・後、なんか全体にaタグが入っているようで・・
投稿記事以外の両サイドがクリック出来るようになっちゃってます。( ̄▽ ̄*)ゞ
Fierfoxでソースを見ると

</h1>
</header>
</article>

タグが赤く表示されてます。エラーが示されているのかしら???

その後に続く
<article class=" の後のも赤く表示されているし。

<a href="http://localhost/wordpress/archives/13/">

???
<div id="footer-container">をaタグで囲っちゃっている???

<h1 class="entry-title">
<a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a>
</h1>


aタグの閉じ忘れ(記述してなかった)でした。(^_^;)

(*´-`*)これだから手打ちは嫌なのよー。
でも、これだから何かミスッた時の対処方法を学習出来るのよー。w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p112 トップページの表示を完成させる
新着コラム・・

───────────────────────────

・・新着コラムの表示が大崩になってまふ。(*´-`*)

          </div><!-- .column-group end -->
          <div class="column-group">

↑divで閉じて、divで開くという説明を読みつつ・・記述際に忘れてました。(^_^;)

・・サイドバーが下に落ちちゃって表示が崩れてます。(*´-`*)

          </div><!-- .malls-group end -->
          <div class="malls-group">

↑divで閉じて、divで開くという説明を読みつつ・・記述際に忘れてました。(^_^;)

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p113 トップページ用のサイドバーを完成させる

───────────────────────────

ソースの書いてあることが理解困難になってきました。

 

・・サイドバーの表示が大崩になってまふ。(*´-`*)

query_posts('posts_per_page='.$sidebar_cat_num.'&category_name='.$sidebar_cat_name);

↑「=」 記述際に忘れてました。(^_^;)

↑「''」 点々が必要な所と、必要でないところがあることに気づかず。(^_^;)
配列の「値」と、「インデックス」部分には点々は無し!ですね。

・・ページ上部にあるダッシュボードを表示させるバーが行方不明。w

固定ページを作る際に、パーマリンクの文字を日本語のままになっていたものをちゃんと英字表記にしたら直りました。 「モール出店情報=mall」 てへっ。(^_^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p120 「お問い合わせ」ページにフォームを設置

───────────────────────────

フォームのHTML。。。 htmlを手書きは面倒なので、DLしたファイルの中のsource→chapter2→form.txtをコピーして使いました。( ̄▽ ̄*)ゞ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p130 基本サイトの構築 終了!!!!!

───────────────────────────

A-疲れた。w
3日間頑張ったヨー。ヾ(▽⌒*)
一通りのホームページが作れるようになりました♪w

書籍で利用したプラグイン

  1. Child Pages Shortcode
  2. Contact Form 7
  3. WP Multibyte Patch

───────────────────────────

<φ(.. ) 後の感想や、もろもろ
実用する時の為の調べ

で・・ガシガシやっていて思ったこと。
Dreamweaverでphpファイル編集をやっていたけど・・ありがたさを感じなかった。(。-人-。) 

Dreamweaverのサイト固有のコードヒントを設定して、WordPressのコードヒントを出す。前に設定したのにと思ってたら・・「サイト固有」って所がポイントなんですね。。。前回と今回はサイトが違うのでコードヒントが出なかった。ヾ(≧◇≦)ということらしい。面倒だ。w

Dreamweaverでの設定方法=>Dreamweaverで、[サイト]→[サイト固有のコードヒント]、ポップ画面の一番上になる[構造→WordPress]が選択されてるのを確認して、OKボタン。

使い方=>「get_bloginfo~」とか打ち込む時途中で[ctrl]+[space]を押すと、補完機能が働く。

後、情報を探している中で見つけたのは
Dreamweaverでライブビューで使おうと思ったら「パーマリンク設定がデフォルトの必要あり」だという驚愕の内容。(((((((((((^^;)  ええっー!!!そーなのー?

マルチサイト可の方法。。。
あちこち見てた時は、サーバーにWordPressを割り当てたいドメイン個数分をインストってあって・・それはどうなのよ。w と思ってましたが、ちゃんと1つのWordPressでマルチも出来るようでちょっとホッ。www 

携帯電話で閲覧用。
だいたい・・shift-jisなんてものがあるから世の中面倒なのよ。w
ってか、各キャリア会社がとっとと携帯電話もUTF-8対応にしてくれてたら一番いいのよ。w

●引っ越し方法(中のデータバックアップ)

さて・・素敵なHPを簡単に?作れるWordPressの操作方法は一通りは学習しました。では、その中にあるデータはどうなっているの?サーバー引っ越し時とかのバックアップはどのようにすればいいのかな?と。

Wordpress オリジナルテーマをアップロードする | Webクリエイターボックス

WordPress のファイルバックアップ | hiromasa.another :o)
[wp] wordpressを丸ごと移管/移行させる手順 at フォノクラフト株式会社:

phpadmin画面で自分が作ったデータベースの中身、データを見てみる!

  1. phpadmin画面にログイン
  2. 上のメニューで[データーベース]タブをクリック
  3. データ一覧が表示されているので、自分が作成したDB名をクリック
  4. 上のメニューで[エクスポート]タブをクリック
  5. ・・分からん。_| ̄|○ phpadminのバージョンが最新の物すぎるのか画面が違う。w
  6. ----------------------------------
    ↓自分のデータが入っている所を見てみたい場合は下記作業。w
    ----------------------------------
  7. データーベースに移動して、[構造]タブの中に一覧が表示される
  8. [wp-posts]と書かれている右側の[表示]ボタンをクリック
  9. データ中身が表形式で表示され、自分が作った内容が入っていることを確認♪

●お引っ越し=>実践編

●実際にサーバーにWordPress構築時に、セキュリティを設定すること!

●アクセス制限

●プラグインを利用してバックアップ(・・バージョン変更あったら困りそうだけどメモw)

●データーベースの中の大掃除

●スニペット

●重要w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手持ちのPHPの書籍一覧w

───────────────────────────

PHPが便利で流行になったころ・・トライしてみようと買い集めた書籍。。。
今回、PHPが出てくるのでおさらいしようかと本棚から出してみると・・うわっ、ほぼ真っ新。www くじけたってことがよくわかります。( ̄▽ ̄*)ゞ しかも、昔すぎてもう発売されていないタイトルばっかり。w あ、PHP辞典だけは名前がまともだから引き継ぎあるみたい。

【送料無料】PHP辞典 [ 西沢直木 ]

【送料無料】PHP辞典 [ 西沢直木 ]
価格:2,520円(税込、送料込)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

練習用に、マルチ環境にしてみる

───────────────────────────

↑こちらのサイトをお手本にチャレンジです。

●apacheで、バーチャルホスト設定をする
※localhostでも後々アクセス出来るように、localhostの設定は残しておくこと!

<使うファイル>
C:\xampp\apache\conf\httpd.conf
C:\xampp\apache\conf\extra\httpd.conf

バーチャルホストが使えるように、httpd.confファイルで、httpd-vhosts.confファイルをインクルード設定。ん?インスト時点ですでに読み込むように設定されてました。w

# Virtual hosts
Include "conf/extra/httpd-vhosts.conf" (#のコメント最初から無かったw)

httpd-vhosts.confファイルを編集。
最終行に下記を記述。(*印はすべてのIPアドレスにマッチ)

NameVirtualHost *:80

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/xampp/htdocs"
    ServerName localhost
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/xampp/htdocs/wordpress"
    ServerName localhost.localdomain
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    DocumentRoot "/xampp/htdocs/wordpress"
    ServerName blog1.localhost.localdomain
</VirtualHost>

●Windowsのhostsファイルを編集
(ローカル環境なのでDNS使えないので、名前環境レゾリバ設定)

C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosuts

取りあえずオリジナルのコピーを1個作って置いて~。
ん?hosuts開こうとしたら、管理者権限がどうとかって上書き禁止で開く?とポップ画面出た。w いや・・書き込み出来ないと困るんですが。w

上記サイトの方法でトライ。
メモ帳(C:\windows\notepad.exe)を右クリックして「管理者として実行」を選択。メニューのファイル開くで、形式をすべてのファイルに設定しておいて、C:\Windows\System32\Drivers\etc\hostsを選択してOK。開きました~♪感謝カンシャ!!!

最終行に下記を記述。

127.0.0.1       localhost.localdomain
127.0.0.1       blog1.localhost.localdomain

やっと保存出来ました。・°・(ノД`)・°・よかったよー。

●とりあえずココで現状を確認。

  • ブラウザで、http://http://blog1.localhost.localdomain/にアクセスすると・・
    練習で作ったHPが表示されることを確認。が、管理画面に入る上のバーは無し。
  • 元のhttp://localhost/wordpress/にアクセスすると同様HP画面表示確認。
    そして、管理画面に入る上のバーは表示されている状態。
  • 管理画面でツール→ネットワークの設置を選択して表示されるのは・・
    localhost を用いているため、WordPress ネットワーク内のサイトはサブディレクトリを使う必要があります。 サブドメインを使いたい場合は localhost.localdomain を用いてください。」と表示されている状態)

●wordpressさんが、サブドメインを使いたい場合は localhost.localdomain を用いてください。ということなので・・管理画面で、設定→一般を選択し下記2箇所を変更。

WordPress アドレス (URL):
localhost/wordpressからlocalhost.localdomainに変更

サイトアドレス (URL):
localhost/wordpressからlocalhost.localdomainに変更

保存ボタンをクリック。
画面がログイン画面になって現れて(URLはhttp://localhost.localdomain/wp-login.php)、IDとPASS入力してログイン。ログイン後URLはhttp://localhost.localdomain/wp-admin/になってます。

http://localhost.localdomain/にアクセスするとHPが見えます。

●ネットワークを作成する。
上記までの流れで、サブドメインとサブディレクトリの「2つ」選択出来る画面になりました。ホッ
※新規でWordPressをインストした状態だとこのように2つ選択肢になるらしいですが、一度触ってHP作ったら選べないらしい。。。(。-人-。)ので、今回はこの手間をやってまふ。

「WordPress ネットワーク内のサイトで、サブドメインまたはサブディレクトリのどちらを使うか選択してください。あとで変更することはできません。」
???後で変更不可なんですね?( ̄▽ ̄*)ゞ そーなんだー。

<サブドメインと、サブディレクトリ>
だんだん・・使い分けのメリットが見えなくなってきました。w

サブドメインとサブディレクトリ、SEOに強いのはどっち? | 海外SEO情報ブログ

あ・・なるほど。私の思っていたのと違うんだ。w
サブディレクトリはイメージ通りだったけど、サブドメインの使い方が予想外でした。

  • 元のドメイン   :yahoo.co.jp
  • サブディレクトリ:yahoo.co.jp/blog/
  • サブドメイン  :blog.yahoo.co.jp   ←コレ?Y(>_<、)Y
  • /////////////////////////////////////////
  • 私想定はhiyoko.co.jp(別ドメイン) w

WordPressで複数のサイトを運用する(サブドメイン型) | WordPressならファーストサーバ

↑やっと頭の中が整理出来ました。(/。\)(/。ヽ)恥ずかしい
使い分けをするメリットは・・

  • サブディレクトリ:yahoo.co.jp/blog/  ドメインの中の1つのコンテンツ
  • サブドメイン  :blog.yahoo.co.jp   一応、別ドメインとSEO判別される

今後・・顧客がドメインを取りたくないけどHP作って~って要望があった時にはこのサブドメイン形式をすれば、良いってことなんですねぇ。φ(.. )

で・・私がしたいことは

WordPressで複数のサイトを運用する(複数ドメイン型) | WordPressならファーストサーバ

↑あぁ、やっぱりコチラになるんですね。複数ドメイン型。。。
で、これはプラグインを使うことで可能になりますヨ。と。はいはい。

  1. ドキュメントルートにwordpressをインストして
  2. サブドメインを選択して
  3. ・・・各々の設定をどんどん進めてたくさんやって・・
  4. 「WordPress MU Domain Mapping」プラグイン組込
  5. ・・・専用の、各々の設定をどんどん進めてたくさんやって・・
  6. ・・・

パワーが必要。www ヾ(=^▽^=)ノ

<WordPress MU Domain Mapping>

↑レンタルサーバーの仕様によって、使いこなせるvs無理とかあるんですねー。

XAMPPで複数サイトを管理する – apacheのVirtualHostとhostsファイルの設定 | Creator Life

↑こちらのブログを参考にすると・・
「http://localhost/wordpress/」にアクセスすると、
「C:\xampp\htdocs\wordpress」の中身が表示されます。

では、「http://hiyoko.co.jp」にアクセスして
「C:\xampp\htdocs\wordpress」の中身が表示されるようにするには・・

  1. httpd-vhosts.confファイルでバーチャルホスト設定を記述。
    <VirtualHost *:80>
      DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/wordpress"
      ServerName hiyoko.co.jp
    </VirtualHost>
  2. hostsファイルに名前解決の為の記述。
    127.0.0.1       localhost
    127.0.0.1       localhost.hiyoko.co.jp

とすることで、可能になります。とのこと。。。フムフム?
何が便利になるの?w と、思ったら・・ <img src=" とか <a href=" とかの中身がhttp://ドメインからフルフルでwordpressからHTMLとして吐き出されるんですね。w はー、なるほどー!( ̄▽ ̄*)ゞ なのでローカルマシンで検証とかするのにバーチャルホストの設定をわざわざするんですかぁ???

では、サーバーで稼働させるときは?

↑こちらを参考にして。。。

  1. サーバーで、PHPとMySQLの2つを使えるように設定をしておいて
  2. サーバーで、データーベースを新規作成
  3. ブラウザでWordPressサイトにアクセスして、WordPressのダウンロード(PCに)
  4. PC上で、WordPressを解凍
  5. PCで、WordPressフォルダ(解凍されたもの)を
  6. サーバーの、使いたいドメインのルートにFTPでUP
  7. ブラウザでWordPressをアップロードした場所に合わせてアクセスして、
    画面上でインストールをする
  8. 管理画面でログインして(http://ドメイン等々/wp-login.php)、
    サイトを表示で、閲覧出来るかも確認して
  9. 【複数ドメイン型】設定を行って・・

    WordPressで複数のサイトを運用する(複数ドメイン型) | WordPressならファーストサーバ

  10. 出来れば、後は好きなように作り込んでいけばOK

 

-----------------------------------------------------------------

<wordpress インストール とは>
だんだん・・wordpress インストールって何をしているの?とフト疑問に。(。-人-。)

あーいーうー。w (。-人-。)

#cd /var/www/vhosts/ドメイン名/httpdocs/
#wget http://ja.wordpress.org/wordpress-バージョン等々-ja.zip
#unzip wordpress-バージョン等々-ja.zip

wgetコマンドでソースを取りに行っている

参考↓

●ローカル構築したものをサーバーにUP運用↓

-----------------------------------------------------------------

<その他の参考ブログ一覧>

サーバー借りようかなぁ。WordPressで複数のサイトを運用する(複数ドメイン型) | WordPressならファーストサーバ ←コレ見ると・・プラグインで複数ドメイン管理が出来るらしい。ヾ(=^▽^=)ノ

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p154 サイト内検索を動作させる

───────────────────────────

ん?検索窓に「モール開発実績」と入力してエンターすると・・
中身がこんな状態に見える。。。

[child_pages size="pickup_thumbnail"]

あっれー?(((((((((((^^;) 
固定ページでモール開発実績を見ると、テキスト中身が上記記述をされてます。

p116 で、ページを表示したらモール一覧が表示されるように設定したはずなのに。中身が「ショートコード」が丸見え状態になってしまいました。・°・(ノД`)・°・

と思ってプラグインを見直してみたら・・何かのタイミング(マルチにトライしていた際)に設定を「無効」に切り替えたままスッカリ忘れて、再開した際にちゃんと有効化に戻すのを忘れてました。。。www

ん?検索窓に「コラム」と入力してエンターすると・・
中身がこんな状態に見える。。。

該当する記事が存在していません。

あっれー?(((((((((((^^;) 
で、固定ページで見ようと思ったらこちらは投稿分類なんですよね。うーん。
頭の中がまたグルグルになってきましたぁー。w

p108 で、やった content-archive.php が コラム?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

p159 抜粋文の文字数を調整し、簡潔に見通しをよくする

───────────────────────────

「...」に変更は出来たけど、次の「120」文字表示させるがおかしなことに。(。-人-。)
数えると56文字表示しているみたい。なーぜー?w 約半分ってことは・・

WP Multibyte Patchプラグイン(日本語)が有効化されてなかった。_| ̄|○ w

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MySQLの基礎
基礎が分からないと・・UI画面で見ても何がナニやらさっぱりでw

───────────────────────────

dumpコマンド

windows8で、ターミナル起動(win+xキーでコマンドプロンプトを選択)して、上記の動画を参考にしながら、rootでそのままmysqlに入ってカチャカチャと・・ 「データーベース:000hiyoko(テーブル:staff、中身も適当に、作成)」 を、テスト用に作成。

データーベース:000hiyoko
コレをバックアップします。ヾ(≧◇≦)

で、ポイント!w
dumpコマンドを使うのに、一度exitで外に出て、C:\Windows\system32>状態に戻る。

C:\Windows\system32>c:\xampp\mysql\bin\mysqldump -u root -p 000hiyoko > 000hiy
oko.sql
Enter password: ***********



_| ̄|○ C:\Windows\system32\000hiyoko.sql ←こんな所に出来てしまったw
(winで確認作業するのにls使えないし。dirとかって情報で打ってみるけど見当たらないし、結局エクスプローラーで確認でした。)



ログインしなおす

c:\xampp\mysql\bin\mysql -u root -p
Enter password: ***********

データベースにアクセス

mysql> use 000hiyoko;
Database changed



とりあえず、本体にmail列を追加してみて~

mysql> alter table staff add mail varchar(16) after name;



デーブルの中に、mailが追加されていることを確認しつつ・・
mysql> select * from staff;


dumpしたファイルで、元に復元します。ヾ(≧◇≦)

C:\Windows\system32>c:\xampp\mysql\bin\mysql -u root -p 000hiyoko < 000hiyoko.
sql
Enter password: ***********



ログインしなおす

c:\xampp\mysql\bin\mysql -u root -p
Enter password: ***********

データベースにアクセス

mysql> use 000hiyoko;
Database changed



テーブルの中を確認。

mysql> select * from staff;



おぉ!さっき追加したmail列が無い、
元の状態に復元出来ました♪ヾ(=^▽^=)ノ

dumpコマンドが・・mysqlの中で打つもんだと勘違いしていて3時間くらい無駄にしてしまいました。・°・(ノД`)・°・ 外に出るんですね。

何となく、理解出来たところで・・鯖のお引っ越し方法↓w

<WordPress ソースの移行>

rsync コマンド (変更分を検出して差分のみを転送)

-a:元のパーミッションやグループを保持したまま同期
-v:処理経過中のファイル名を表示
-z:データ圧縮

--delete:元で削除されたファイルを先でも削除で同期させる

旧鯖から新鯖にサクッとコピー。素敵♪

<MySQL データの移行>

dumpコマンド

・・あれ?こちらは普通に1回ローカルPCにダウンロードして、新鯖にアップ作業が必要なのかしら。。。FTPで?( ̄▽ ̄*)ゞ

« 緑内障、両目とも普通に戻りつつあります ホッ | トップページ | 更年期障害→目の焦点が変→肩こり? ロキソニンシップ使う »

PC+モニター+他・電化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114130/56920981

この記事へのトラックバック一覧です: WordPressに初挑戦 w:

« 緑内障、両目とも普通に戻りつつあります ホッ | トップページ | 更年期障害→目の焦点が変→肩こり? ロキソニンシップ使う »

google検索

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

カテゴリー

ニュース

  • 日経平均(長期)

    株価ミニチャートのブログパーツ
  • 経済指標(発表と内容)へのリンク
    http://jp.investing.com/economic-calendar/
  • 経済指標
  • . . .
  • 日経平均チャート
    by 株価チャート「ストチャ」
  • 株指標
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30