気になる

アフェリエイト旅行

自動車

家庭菜園

« 小説書けない・・なら、ブログを添削してみようw 書き方のお勉強【1】 | トップページ | 包丁の切れが蘇る(指切れる)包丁研ぎ機を見つけました♪w  »

2013/12/02

四十肩でも力いらず、腕上げず。窓ふき簡単楽チン方法♪(掃除編)

12月、大掃除に追われる季節がやってきましたね。( ̄▽ ̄*)ゞ

アラフォーになってからは、何が大変かというと「拭き掃除」。
四十肩になると・・、拭き掃除の時に思いっきり力を入れて磨き上げようとすると肩が痛い。(>_<) 

肩をあげての作業である「窓ふき」は・・ムリムリ。五十肩じゃなくても40代でも十分に、ある一定の高さから上に腕は上がりません。_| ̄|○

なので、いつの頃からか「窓ふき」という掃除範囲は旦那様の役目になってます。ヾ(≧◇≦)
が、今年は旦那様の仕事が超ハードワークで、休日も出勤が続いているので・・さすがに可哀想だから掃除を頼めず。(((((((((((^^;)  でも誰かがやらねば窓ガラスは汚いまま年越し。。。

どうしたものかと悩んでたら、友人から素敵なアドバイスが♪
実際にやってみたら、四十肩でピーク中の私でも、力要らず&肩上げ無理せずで、とっても簡単にお掃除が出来たので、メモメモ。φ(.. )

<用意する物>

  • バケツ
  • 水 (ガラス拭き用洗剤を入れておく)
  • タオル 小サイズ 数枚
  • スクイジー

<窓ふき方法>

  1. タオルをバケツの水で濡らす(窓ガラス汚れひどければ、水分ジャブジャブで)
  2. 適宜のしぼりをしてから
  3. 左手で、タオルの短い辺をつかみ、縦長の状態に広げる
  4. タオルの下端が、胸の高さくらいの位置まで持ち上げて
  5. 下から5cmくらい位置に、右手で持ったスクイジーを充てて
  6. 左手で掴んでいるタオルを、右手の腕に軽くのせる
  7. この状態で、窓ガラスを拭く

1こすりしたら、左手でスクイジーの下にあるタオル(5cm分)を、ちょっと引っ張り降ろす。こうすることで、ガラス面に設置してたタオルが下にずれる。汚れたタオルは下に行き、きれいな部分がスクイジーの面にくる状態。を繰り返すと・・小タオル1枚でガラス2枚くらい余裕で拭けます。w

汚れがひどくて、タオル水分をジャブジャブで使用した場合は、ガラスに残った水滴をスクイジー単体で払っていく。

<メリット>

スクイジーがゴムで出来ているので、わずかな力で拭き掃除が出来る♪ 四十肩の症状にあった「枝の長さ」のスクイジーがあれば、腕をあげる領域は最小で済む♪

<ポイント!>

窓ガラス拭き掃除は、お天気の日はやめましょう。特に乾燥している季節。
なぜならば、ガンガン水分が蒸発して乾いていくので、ガラス表面にスクイジーの跡がつきやすいからです。出来れば、曇りとか雨がベスト♪

<感想>

窓ふき・・嫌いだったけど(雑巾とか、新聞紙とかの拭き上げ作業は、力がいるから)、スクイジーあったら、超簡単ジャン!しかも、拭きムラほぼ無しだから、時短で済むし♪ この方法だったら・・年中きれいな窓ガラス状態が保てるワー♪ヾ(=^▽^=)ノ

↑スクイジーってこんな奴です。
え・・送料無料ってビックリ。w

« 小説書けない・・なら、ブログを添削してみようw 書き方のお勉強【1】 | トップページ | 包丁の切れが蘇る(指切れる)包丁研ぎ機を見つけました♪w  »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114130/58688841

この記事へのトラックバック一覧です: 四十肩でも力いらず、腕上げず。窓ふき簡単楽チン方法♪(掃除編):

« 小説書けない・・なら、ブログを添削してみようw 書き方のお勉強【1】 | トップページ | 包丁の切れが蘇る(指切れる)包丁研ぎ機を見つけました♪w  »

google検索

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

カテゴリー

ニュース

  • 日経平均(長期)

    株価ミニチャートのブログパーツ
  • 経済指標(発表と内容)へのリンク
    http://jp.investing.com/economic-calendar/
  • 経済指標
  • . . .
  • 日経平均チャート
    by 株価チャート「ストチャ」
  • 株指標
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30