気になる

アフェリエイト旅行

自動車

家庭菜園

« リビングのものを片付ける 急な来客にも便利な方法 | トップページ | Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 秀和システム やってみた »

2017/01/02

15時間でわかるPython集中講座 技術評論社 をやってみた

久しぶりに言語に興味を持ったので、Pythonを選んでみました。
今回買った書籍は「15時間でわかるPython集中講座 技術評論社」です。

■0時間目

仮想環境をインストールしよう。
はーふー。

  • http://www.vmware.com/jp.htmlにアクセスして
    →「無償製品のダウンロード」内の「Workstation Player
    →「VMware Workstation 12.5 Player for Windows 64-bit」をDL

■1時間目

1-2-3

import sys
print('Hello, {0}'.format(sys.argv[1]))

■2時間目

2-3-2

関係演算子

2 == 3    3が2に等しい
(a == b    bがaに等しい)

2-5-1

公約数(Greatest common divisor)
最小公約数(Lowest common denominator)

ユークリッドの互除法:2 つの自然数の最大公約数を求める手法の一つである。

<中学数学の基本問題さまより>

基本イメージ:
大きい方から小さい方を引き,小さい方の数と引いてできた数で同様に引いていく.
同じ数字が並んだら答.

実際に使うとき:
同じ数を何回も引くことは「余り」を求めることと同じなので,
「小さい方の数」と「余り」で次の組を作っていくと速く求められる.

へーへーへーへーへー。(*- -)(*_ _)

<wikiさまより>
(問題) 1071 と 1029 の最大公約数を求める。
1071 を 1029 で割った余りは 42
1029 を 42 で割った余りは 21
42 を 21 で割った余りは 0よって、最大公約数は21である。

関係演算子

n != 0    0がnに等しくない
(a != b    bがaに等しくない)

確認テスト

<中学数学の基本問題さまより>関係式:
2数 A , B の最大公約数を G、 最小公倍数を L とおくと,AB=GLが成り立つ.

A・B = G・L
A・B/G = L

■3時間目

3-4-4

普通の使い方としては
| は、OR:論理和 (または)
&は、AND:論理積

で、
s.union(t)  と    s | t     は
s と tに含まれるすべての要素を持った新しいsetを作成

s.intersection(t)  と    s & t は
s と t共通に含まれる要素を持った新しいsetを作成

s.difference(t) と     s - t   は
s には含まれるが tには含まれない要素を持った新しいsetを作成

うーん。
>>> s1 & {1} の意味がわからん。w
s1 と 1、共通に含まれる要素を持った新しいsetを作成ってことかな。。。

3-5-2

  1. 空のディクショナリを作成
  2. 存在しないキーを指定
    エラーが出る
  3. 存在しないかも知れないキーにgetメソッドを利用する
    無いので何も無し。
  4. 存在しないかも知れないキーで値を取得
    .get(第 1 引数に取得したいアイテムのキー、第2引数で存在しない時の値を指定)
    指定した→存在しないときの値が出る
  5. 存在しないかも知れないキーに任意の値を辞書に入れたいとき.setdefaultを使う。
  6. 辞書にキーと値がヘイル売っていることが確認できる
  7. 新たに辞書にキーと値を指定
    新たなものが表示される
  8. もう一度.setdefaultを使う。
    すでにキーが存在しているので、その値が表示される→中身は変わらない

■4時間目

4-1-1

>>> gcd(1071,1029)
21

確認テスト

Q2

for i in l[1:]:とは・・

l[1:]:ってスライス演算ってことなのかな。。。(3-1-2)
開始インデックス番号を1指定
終了インデックス番号は何も記述していないので最後まで。

ふー。

  1. リスト「l」から最小値を探し出す関数を作成しますよーーー
  2. もし、リストの要素数「len(l)で取得している」が==0と等しい(空ってこと)なら
  3. エラー
  4. 変数minに、リストの先頭の値を仮最小値として代入
  5. for文で、リスト2番目(次の要素)から最後までを回していく
  6. 比較して小さい方を新たにminに代入
  7. 繰り返す

例)mymin([4,3,9,1,0,4,8])

2.では、リストの要素数は8個なので0個と等しくないのでOK

4.では、仮最小値として先頭の値である「4」がminに代入される

5.では、次の値である「3」から「最後まで」がiに順番にぐるぐる

もし、4>3 。4が3よりも大きければ

6.minにその数「3」が代入される

7.繰り返し・・ で最後までグルッと回ってネーコの目w 答えは0になる

Q3

  1. リスト「l1」を利用してソートする関数を作成しますよーーー
  2. l2の名前の、リスト空箱用意
  3. while文で、 l1の要素数が>0の間動かしますー
  4. minにmymin(l1)を代入して
  5. l1のリスト中から、そのminを削除して
  6. l2のリスト中に、そのminを追加する

■5時間目

5-1-2

>>>account.withdraw(10)
>>> account.balance
90

確認テスト

・・・

answer05.py~answer07.py は、いったい何処にあるのでしょうか?(*´-`*)
探して見るも見つからない。途方に暮れる。

技術評論社のサポートページを見ても・・何も記載が無い。(+。+)
誤植訂正あったでしょーーーーー!ひどい。

初版:2016年2月25日 → 今:2017年1月3日。。。

« リビングのものを片付ける 急な来客にも便利な方法 | トップページ | Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 秀和システム やってみた »

お勉強」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114130/64710214

この記事へのトラックバック一覧です: 15時間でわかるPython集中講座 技術評論社 をやってみた:

« リビングのものを片付ける 急な来客にも便利な方法 | トップページ | Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 秀和システム やってみた »

google検索

  • Google


    このブログを検索
    ウェブ全体から検索

カテゴリー

ニュース

  • 日経平均(長期)

    株価ミニチャートのブログパーツ
  • 経済指標(発表と内容)へのリンク
    http://jp.investing.com/economic-calendar/
  • 経済指標
  • . . .
  • 日経平均チャート
    by 株価チャート「ストチャ」
  • 株指標
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30